Home /斎戒(サウム) / 義務ではない(任意の)サウム

義務ではない(任意の)サウム


義務ではない(任意の)サウム

これらは至高のアッラーに近付く為の任意のサウムの全ての形態を含みます。

義務以上のサウムは素晴らしい美徳と壮大な報酬を含みます。クドゥスイーのハディースはアブーフライラによって報告されました。預言者は述べました; 本当にアーダムの息子によって全ての正義の行為は10から700倍に報われます。しかし全能のアッラーは「サウムは例外です。それは何故ならサウムは我の為であり、それに応じて(サウムする者)に報酬を与えるでしょう» (合意).

任意のサウムが推奨される日

1. シャウワル月の6日間(ラマダン月後)

預言者は述べました。: ラマダン月にサウムを行い、その後シャウワル月の6日間に続く者は誰でも、完全な1年のサウムが一緒に記録されることでしょう» (ムスリ承)

もしそのサウムを連続して行おうが、1カ月の

間に行なおうが同じです

2. ズルヒッジャ月の最初の9日間(イスラーム暦の12か月目)

預言者は述べました。:「これらの日(12カ月の初めの10日間)以外に善行を行うことをアッラーがお悦びになる日はありません。同胞は問い合わせました:
アッラーの為のジハード(闘い)についてはどうですか?」預言者は言いました。「アッラーの道(報酬次第)でのジハードさえも、但し生命と富をかけてアッラーへの道へと出かけ、それらのいずれかとも一緒に戻らなかった者以外は.
(ブハーリの伝承)

しかし大巡礼を行わなかった者達にとっては、これらの日で最も重要なのはアラファの日です。アラファの日はイスラム暦の12カ月目の9日目です。預言者は言いました: «アラファの日のサウムに関しては、私は全能のアッラーが過ぎ去った1年と来たる1年の罪をお許しになることでそれを褒賞して下さると期待します.»(ムスリムの伝承)

3. アーシュラの日のサウム

アーシュラ(ムハッラムの10日間)

ムハッラムの10日目、全能のアッラーの月

これは何故なら預言者は述べたからです: アーシュラの日にサウムする為に、私は全能のアッラーがその以前の1年の罪を許して下さると期待します» (ブハーリの伝承)

この日にサウムをする理由はアブドゥッラ・イブン・アッバスの権限によると、彼は述べました。; «預言者はマディーナに到着すると、アーシュラの日にユダヤ教徒がサウムしているのを見つけました。そして彼は(何故その日にサウムを行うのか?)質問しました。彼らは答えました。「これは良い日です。全能のアッラーがイスラエルの子供を敵から救った日、そして預言者ムーサは(彼に平安あれ)その日の後日にサウムを行いました。」その時預言者は言いました。「私はあなたよりムーサに権利があります。」そして彼はサウムを行い、ムスリムにその日にサウムを行うように命じました» (ムスリムの伝承)

イマーム・ムスリムの伝承によると、預言者は述べました: «もし私が来年までに生き残るなら、9日目にサウムを行うでしょう»(ムスリムの伝承)

4. 毎月の輝かしい日々

輝かしい日々:

これはイスラームの毎月の13日、14日と15日目です。この日は月光によって輝く夜なので、輝かしい日々と言及されます.

アブドゥル‐マーリク・イブン・アル‐ミンハールは父親から、預言者が「輝かしい」日々の3日間を彼らにサウムするように命じたと伝えました: «このサウムは1カ月間のサウムに相当します.
(イブン・ヒッバンの伝承)

5. 毎週の月曜日と木曜日のサウム

アブー・フライラは伝えたところによると預言者は述べました。:善行は全能のアッラーによって毎週月曜日と木曜日に報告され、私はサウム中に私の善行が報告されるのを好みます.(ティルミズィーの伝承)

6. 1日おきのサウム

任意のサウムの最良の形は預言者ダウド(彼に平安あれ)のサウムです。彼は1日サウムしたら、次の日に解除しました。アブドゥッラ・イブン・アーミル’は預言者が次のように述べたと報告しました: «サウムの最良の形はダウードのサウムです。(彼に平安あれ):彼は1日サウムしたら次の日に休んだものでした.» (アン・ナサーイの伝承)

7. ムハッラム月のサウム(イスラーム暦の初めの月)

アブー・フライラ―の伝承によると、預言者は言いました: «Çêラマダン以外の最善のサウムはアッラーの月であるアル・ムハッラム月中にあります.» (ムスリムの伝承)

8. シャーバン月のサウム(イスラム暦の8ヶ月目

「アッラーの預言者よ!私はシャーバンの月ほどにサウムを行っている月を他に見たことはありません。」預言者は答えましたt: «それはラジャッブとラマダンの間の月で、その月についてはあまり沢山の人は気が付かず、そしてその間に善行は世界の主に返却されます。したがって私はサウムをしている間に、私の善行が全能のアッラーの元へ返却されることを好みます.»
(アン‐ナサーイの伝承)

預言者のハディースに含まれる禁止に関して、彼は述べました: «シャアバンが半分までになると、ラマダンまでサウムを行ってはなりません» (イブン・クザイマの伝承)

これは意図的に1カ月が半分過ぎたことに関して、もしくはラマダンとシャアバンを結びつけるかのどちらかの禁止を意味します。しかし、1カ月の最初の部分の間のサウムの後で第2の半分のシャアバンをサウムする者は、その月をラマダンとサウムと結びつけません。すると彼のサウムには間違いはありません。サウムが禁止の日とサウムの忌まわしい行い

初めに:サウムが禁止される日

1.イードの2日間にサウムを行うことは不許可です。:アブ―・フライラはアッラーのみ使いが2日間:アドハーとフィトルの日にサウムすることを禁じました。 û roja Fitrê qedeğe kirine. (ムスリムの伝承)

2.アイヤムット・タシュリーク、イードゥル・アドハー(ズルヒッジャの11日、12日と13日目)の3日後にサウムを行うことは許可されていません。アッラーのみ使いは言いました: タシュリークの日々は飲食の日々です» (ムスリムの伝承)

しかしハッジを行っている者は、もしキラーンもしくはタマットゥハジを行っていて犠牲動物が見つからないならこれらの日々にサウムを行うことができます。クルアーンの雌牛章196節で説明されています: {またあなたがたが故障もないのに小巡礼をして,巡礼までの間を楽しむ者は,容易に得られる犠牲を捧げなければならない。もしそれを捧げることが不可能な時は,巡礼中に3日,帰ってから7日,合せて10日間(の斎戒)をしなさい} [クルアーン雌牛章196節]

3.ヤウムル‐シャク(疑惑の日)、空に三日月の観測を妨げる雲もしくは霧がある日に、その日がシャアバンの最後の日、もしくはラマダンの最初の日か疑われる日にサウムする事は許可されません。アンマールは述べました: «疑いの日にサウムを行う者は誰でもアブル・カーシム(ムハンマド)に背きました。.» (ティルミズィーの伝承)

第2:サウムの忌まわしい行動

1.ラジャッブをサウムの為に選ぶのはマクルー(嫌われる)です。何故ならそれはジャヒリーヤ(イスラームの前の無知の時代)で、その人々はその月をサウムによって尊び、その慣習の復活になるからです

2.金曜日をサウムの日として選ぶのはマクル―(嫌われる)です。何故なら預言者様はそのように禁じたからです。アブー・フライラはアッラーのみ使いが次のように述べたと伝えました:あなたがたの誰も金曜日にサウムするべきではありません。(1日)前後にサウムしない限りは
(ムスリムの伝承)

3.ウィサール、間の休みなしに途切れることなく毎日サウムすることはマクル―です。アブドウッラ・ビン・オマルはアッラーのみ使いはウィサールを禁じたので預言者はウィサールを禁じました。彼ら(預言者の同胞の数人)は言いました。「しかしあなたは途切れることなくサウムしました。」そこで彼は述べました: 私はあなたのようではありません。私は食べ物を与えられ、アッラーによって飲み物を提供されました» (合意)

説明

1.礼拝の為に、ムスリムはアッラーの法律に準拠する必要があります。禁じられた日にサウムをしたり、預言者が行わなかったサウム、例えばラジャブの27日目もしくはシャアバンの真ん中の日、を採り入れるのは禁じられます。預言者は述べました: «イスラム(私達の事柄に、イスラームの部分ではないいくつかの事項を取り入れる者は誰でもそれを却下されるでしょう。(ムスリムの伝承)

2.ムスリムは異教徒の儀式を崇拝することは避けます。したがって彼らはサウムやまたそうでなければ、異教徒が崇拝する崇拝行為への献身を示してはなりません。

サウムに関する医療の視点

サウムはいくつかの肌の病の治療に効果的です。これは何故ならサウムは血液の中の水の割合を減少させ、したがって肌への比率を可能にします。これはそれゆえに身体の幾つかの微生物の存在に起因する幾つかの一般的な疾患に対する身体の免疫力を改善します。