Home /斎戒(サウム) / 柱、許可、奨励と忌まわしいサウムの行動とそれを無効にするもの

柱、許可、奨励と忌まわしいサウムの行動とそれを無効にするもの


サウムのニーヤ(意図)

サウムのニーヤは夜明け前の夜にされなければなりません。しかしながら、これ(夜明け前の夜のニーヤ)は任意のサウムの場合は義務ではありません。従ってもしサウムを無効にする行いがなければ、昼間に任意のサウムのニーヤを考えることが可能です。これはアーイシャ、信者の母、(彼女にアッラーが悦ばれますように)のハディースによるものです; «預言者はある日入って来て、こう述べました。「何か食べる物はありませんか?」私達はここにはありませんと答えました。すると彼(預言者)は言いました。:「したがって私はサウムを行います (ムスリムの伝承)

サウムの支柱

第1の柱:日没から夜明けまでのサウムを無効にするものからの棄権

至高のアッラーは仰せられました: {また自糸と黒糸の見分けられる黎明になるまで食べて飲め。その後は日暮れまで斎戒を全うしなさい} [雄牛章:187節

「白糸と黒糸」上記の節で述べられているのは、昼間の明るさと夜の暗さです

第2の柱:ニーヤ(意図)

これは飲食や他のサウムを無効にする全ての形態から慎む者は、全能のアッラーのみを崇拝する目的で行うべきという意味があります。預言者は述べました。; «全ての行動はニーヤによって判断されるべきで、全ての人間の行動に潜むものは、特定のニーヤです.» (合意)

サウム中の許可される行為

1.入浴やプールに座って、冷やします.

2. 自分の唾や粘液を飲み込みこと.

3. それのどれもが喉に滑らって入らないことを条件に味見をすることê.

4.空気清浄剤の香り、またはどの物質の匂いも嗅ぐこと

ミスワークの使用

午前と午後に、ミスワークが濡れていても乾燥していてもサウムをしている者がミスワークを使用することは許可されています。しかしながら、ミスワークを使用中にはその1分が喉に入らないように気をつけなければなりません。何故ならそうなった場合はサウムが無効になるからです。

サウムの間の推奨行為

1. スフール(日の出前の食事)を食べて、可能な限り日の出まで延期すること

預言者は述べましたe: スフール(日の出前の食事)を食べなさい。本当にサフールには祝福があります.» (合意)

食品の量、一滴の水でさえ、スフールには十分です。これは高貴な預言者のハディースによるもので、彼は述べました: «スフールは祝福ですので、たった一滴の水だと思っても、切り捨ててはいけません。本当に全能のアッラーとかれの天使はスフールを取る者達へ礼拝を捧げます.» (アフマドの伝承)

スフールを遅らせることが推奨されます。ザイド・イブン・サービットは述べました; 我々はある日預言者とスフールを取りました。そして座っていたところからサラートへと向かいました。」アナス・イブン・マーリクは言いました:「あなたの食事とサラートとの両方の間の時間の範囲はどのくらいですか??」彼は言いました。「聖なるクルアーンの50節を朗誦するくらいの長さû.» (合意)

アザーン(礼拝への呼びかけ)の間の飲食

もし飲食の間に礼拝への呼びかけ(アザーン)が聞こえたら、飲み終えるまで、飲み続けることが許可されます。アブー・フライラの伝承によると預言者は次のように述べました: 手の中に
(水のカップ)容器がある間に、もし礼拝への呼びかけを聞いたとしたら、それの必要性を満たすまで、それを置くべきではありません
(アブ・ダウードの伝承)

学者はこのハディースは夜明けの外観に疑問を持つ者に適していると説明しています。しかし、もし夜明けの外観に確信があれば、飲食するべきではありません。もし飲食すれば、特に夜明けの外観を確かめた後に、サウムは無効になり、そのようなサウムの日数を行うことが義務となります

2. サウムを解くよう急ぐこと

それは日没が確認されたらすぐにサウムを解くことが奨励されています。預言者は述べました。: «Î人々は急いでサウムを解除する時はいつでも祝福に恵まれないことはありません» (アブ・ダウードの伝承)

同様にイフタール(サウムを解く時の食事を新鮮なナツメヤシ、もしくは新鮮なものがない場合は乾燥ナツメヤシを摂ることが奨励されます。また奇数のナツメヤシを食べることも奨められます。アナス・イブン・マーリクは述べました。 «預言者はサラート(礼拝)の前に新鮮なナツメヤシでサウムを解除していたものでした。もし新鮮なものがなければ、乾燥のナツメヤシ、さもなければ、水を一口(ハッサ)飲みました。» (ティルミズィーの伝承) もし全ての努力にも関わらず、これらのひとつも見つからず、もしサウムを解除する意向があれば、それで十分です。

3.サウムを解く時のドゥアー(祈願)

預言者はサウムを解く時に次のように述べました: «喉の渇きは癒され、血管は潤い、そしてアッラーの思し召しならば(サウムの)報奨は確定しました.» (アブ・ダウードの伝承)

預言者はまた述べました: «本当にサウムをする全ての者へ、サウムを解く時に行う礼拝は拒絶されません» (Îイブン・マジャの伝承)

間違ってサウムを解いた者

もし誰かが日没の前もしくは夜明けにまちがって飲食してしまい、それが間違いだったと気が付きました。そのようなサウムの日数は義務ではありません。何故なら、至高のアッラーは次のように述べたからです: {あなたがたがそれに就いて誤ることがあっても,罪ではない。だがあなたがたの心に悪い意図のある場合は別である。アッラーは覚容にして慈悲深き御方であられる} [部族連合章:5節]

預言者は述べました。: «全能のアッラーは謝りと忘却と強勢によって犯した私の共同体の罪を和らげました。.»(Îイブン・マジャの伝承)

4. 無駄話と淫靡の回避

預言者は述べました: あなたのうちの誰かがサウムをする日は、無駄話(アル・ラファス)を話さなければならず、喧騒と大声をあげてはなりません。もし誰かが虐待されたり争いを持ちかけられたら、私はサウムを行っています» (合意)

と言いなさい。預言者は言いました: 偽のスピーチと虚偽の行為を破棄しない者は、アッラーは飲食物を彼らの為に破棄する必要はありません.» (アブ・ダウードの伝承)

5.全能のアッラーへの礼拝の強化

クルアーンからの朗誦と全能のアッラーの唱念と夜の礼拝に立つこと、荘厳なる夜に立つこと、毎日の任意のサラートを行うこと、慈善を施すこと、正義の道に執拗に努力し、斎戒している者へイフタールを供給することと小さいハッジを行うこと、ラマダン月の善行は重々に褒章されます。

イブン・アッバスは伝えました: 預言者は最も寛大な男性でラマダン月にはさらに寛大になり、ジブリールが彼に出会った際は、ラマダン月は毎晩、ジブリールとクルアーンを修正したものでした。本当に預言者はジブリールと出会った時は、吹く風よりもさらに寛大になりました.» (ブハーリの伝承)

6.特にラマダン月の最後の10日間の間に礼拝に務めること

アーイシャ(アッラーが彼女に悦びますように)は述べました。; «ラマダンの最後の10日間がやって来ると、預言者は元気を出して、腰巻を締めて、夜を礼拝に費やし、家族を(夜間)に起こしました» (ブハーリの伝承)

サウム中の忌まわしい行為

1.口を漱ぐことと鼻からの水を吸い込む洗浄の過度

これは水が喉に入ることへの恐怖に起因するものです。預言者は述べました。:そして(洗浄の為に水をすすり入れる間)サウムを行っている時を除いて、水を引き入れる» (アブ・ダウードの伝承)

2.貪欲なキス

キスすることはもしサウムを行っている者が、射精や性的衝動の切迫の可能性を恐れるなら、薦められません。また性的衝動を起こさせる何事も避けることが必要です。しかし、サウムを無効にする衝動がコントロールできると確信するなら、キスをすることは許可されます。アーイシャ(彼女にアッラーが悦ばれますように)は伝えています。; 預言者はサウムをしている中、キスや抱擁を交わしていたものでした。更に、彼は衝動をコントロールする最良の人です» (合意)

こうしたことが理由で、老人とは違って若者の間では抱擁は好まれません。アブー・フライラの伝承によると; «ある男は預言者がある男がサウムの途中に彼の妻を抱擁することを許可したこと、しかし他の男には他の時には賛成しなかったことに関して尋ねました。そして許可した者は年老いた男で、賛成しなかった者は若者であったことが明らかになりましたû» (アブ・ダウードの伝承)

サウムを無効にするもの

1.ラマダン月の昼間に故意に飲食すること

全能のアッラーは申されました: {また自糸と黒糸の見分けられる黎明になるまで食べて飲め。その後は日暮れまで斎戒を全うしなさい} [雌牛章:187節]

人間の性質上の為にサウムを解除すること

例えば、パン屋さんや、退屈で厳しい雇用の労働者はサウムから免除されません。何故ならサウムは他の人にもそうであるように、彼らにとっては義務であるからです。

重要点:

うっかり飲食した者のサウムは本格的で許容されます。しかし、思い出したら直ぐに、それ以上の消費は止めることが義務です。預言者は述べました: サウムの最中に忘れて飲食した者は誰でもサウムを完了しなさい。何故ならその者に飲み物を与えたのはアッラーだからです» (ムスリムの伝承)

斎戒は口や鼻:を通じて喉にはいるもの食べ物や飲み物の意味を示すものは何によっても無効となります。:食べ物や飲み物の意味を示すもの。

例えば、栄養素の静脈内注射です。

しかしもしそれがペニシリン注射のような治癒的注入がある場合は、サウムを無効にはしません。何故なら、それは食物の形態、飲み物やそれらの誘導体にはみなされないからです。

栄養剤はサウムを無効にします。

ペニシリンの注射はサウムを無効

他にも特別な条件が必要な喘息患者の為のサウムを無効にしない喘息用吸入器や他の医療用変異体のようなものがあります。

喘息患者の為の吸引機はサウムを無効にしません

アイライナーの使用はサウムを無効にしませんnabe.

アイライナーの使用、目と耳の薬またはその種のものはサウムを無効にしません。何故ならそれらのものはサウムを無効にしないという証拠はないからです。

さらに、目は通常は飲食物への道ではありません。

これは耳と鼻の薬にも当てはまります。ただ鼻は胃へと直通なので、サウムをする者がウドゥーの最中に水を鼻にすすり入れる過度に関する預言者の制限の為に鼻の薬には注意することが重要です。

口の中に残った食べ物はサウムを無効にしません。

喫煙はサウムを無効にします

2. 性行為

至高のアッラーは仰せられました: {あなたがたは斎戒の夜,妻と交わることを許される}
[雌牛章:187節]

ですので、サウムの途中に性行為を行った者はサウムを無効化しました。そして従ってその日の(サウムが無効になった日)サウムを後程行わなければなりません。その上で、奴隷を解放することで償わなければなりません。それが不可能であれば、次のように表示された順序で次のいずれかを実行する必要があります。;連続で2ヶ月サウムと行うか60人の貧者に施します。アブー・フライラによると彼は述べました; ある男が預言者の元へやって来て言いました。:「私は破壊されました。」預言者は答えました。「あなたに何が起こったのですか?」その男は言いました。:「ラマダン(サウム)中に私は私の妻と性行為をしました。」預言者は尋ねました。「あなたは奴隷を解放できますか?」預言者は続いて尋ねました。「あなたは2カ月連続でサウムをすることができますか?」その男は尋ねました。「いいえ」さらに預言者は尋ねました。「60人の貧者に施すことができますか?」彼は言いました。「いいえ」そこで預言者はその男に座るように言い、彼は座りました。しばらく後に大型計量容器(アル・アラク)一杯のナツメヤシが贈り物として預言者の元へ運ばれてきました。預言者はそれを彼に差し上げて言いました。」その男は答えました。「私は私と私の家族より貧しい人へ施すのですか?」そこで預言者は大臼歯が見えるほど激しくわらいました。そして預言者は言いました。「それであなたの家族を養いなさい.» (合意)

これは罪の償い(カッファラ)の配列です。もしサウムができるのなら、60人の貧者に施す必要はなく、奴隷を解放する事ができる者がサウムを行うと同様に間違っています。

それはもし女性が夫を誘う、もしくは夫の衝動に応答するとしたら、女性にも罪の償いは必須になります。しかしもし女性が余儀なくされたなら、サウムは無効となり彼女のサウムが無効となった日を罪滅ぼしなしに、その日のサウムを後程補うでしょう。

性交の意味に関連:意図的な射精、もしサウム中の男性が妻にいそいそとキス、自慰、その他を行い、射精した場合は、その男性のサウムは無効となります。何故ならその欲望はサウムの行為と矛盾し、それ故に償うことなくその日のサウムを補わなければなりません。原文では特別に言及している為、罪滅ぼしは実際の性行為の時のみ必要とされます。

もし夫が妻を愛撫し、彼女に触れ、または思いがあり、マディー(初期の精液)が排出された場合は、夫のサウムは無効です

何故ならマディーによってサウムが無効になるという証拠の文章はないからです

サウム中の者がもし睡眠を摂り夢精する、もしくは願望なしに射精、病気が原因の場合はサウムは無効にはなりません。何故なら意図的に射精しようと選択したのではないからです。

もしジュヌブ(性行為による儀式的な不純)で目覚めたら、性行為またはファジャールの前の夢精の結果のサウムは有効です。夜明けのサラートをジャマア(モスクでの合同)を行う為のグスル(主要な儀式的不純に続く儀式的な洗浄)を行わなければなりません。:アーイシャが伝承したところによると、アッラーのみ使いは時折妻たちと性行為を行った後のジャナバ(儀式的不純)の状態でファジャールの時間に起きていたものでした。彼は風呂に入りサウム(サ一回)を行いました。

3. 意図的な嘔吐

定義:口を通じて意図的に胃の中にある飲食物を嘔吐すること。もし、しかし、意図せずに嘔吐したいという欲望に追い抜

かれたなら、そのサウムはまだ有効です。預言者は言いました。: 意図なしに嘔吐する者は誰でも、そのサウムを補う必要はありません。しかし意図的に嘔吐する者は誰でも、サウムの日数を後程補わせなさい»

4.ハイド(月経)の血の放出とにファース(出産後の出血

女性がハイドの血もしくはナファス―日没の最後の時間でさえ―サウムを解除しなければならず、その日のサウムを後程補わなければなりません。

利点

学者の大多数はヒジャーマ(吸角法)(特別な道具を使用して体内から血液を引くこと)はサウムを無効にしないという意見です。預言者はサウム中にヒジャーマを施行しました。アビ・サイード・アル―コドリの伝承によると「アッラーのみ使いはサウム中の者のキスとヒジャーマを有効としました。
しかし弱点の為に嫌悪されました。アナス・イブン・マリクは尋ねられました。「サウム中の者のヒジャーマを嫌悪しましたか?」彼は答えました。「いいえ、弱くなるという理由以外では

傷跡からの出血、歯の抽出から、鼻血からまたサンプル抽出の為の血液採取を通じて、または血液の寄付はサウムを無効にしません。