Home /ザカート / 任意のサダカ

任意のサダカ


任意のサダカの定義

任意のサダカ:

至高なるアッラーに近づくために義務以外で与えるもの。

この定義からは、愛情や友愛を示すために与えられるプレゼントなどは外れます。それらは、シャリーアでいくつかの規則によって限定されるサダカと名付けられるものに入りません。

任意のサダカの規定

任意のサダカは、どんな時でもまた特に必要とされる時は好ましいものです。クルアーンとスンナではそれを奨励しています。

クルアーン{アッラーによい貸付をする者は、誰であるのか。かれはそれを倍加され、また数倍にもなされるではないか。}
[雌牛章245節]

ブー・フラィラは、アッラーのみ使い様がこう言われたと伝えた。(収穫物の中で良いタムルに相当するもので-アッラーは良いもの以外は受け入れませんが-サダカをする者は、アッラーはそれを右手で受け入れます。それからそれを彼の友のために丁度あなたたちの一人が仔馬を育てるように、山のようになるまで育てます) (合意の伝承)

預言者様は、密かにサダカをする者をアッラーが彼の陰以外には陰が亡くなる日にその陰に入れる7人に数え言いました。(それはサダカをする者で、右手が施すのを左手が知らないくらいそれを隠して行う者です。) (合意の伝承) Lewra pêğemberê Xuda [dirûd カアブ・ブン・ウジュラは、預言者が次のように語ったと伝えた。(サダカは、水が火を消すように過ちを消します。) (テルミズィーの伝承)

任意のサダカの礼儀

1-礼儀の義務

a.至高なるアッラーに対する純粋な信仰。ザカートはアッラーの顔を求めて与えられるべきで、見栄や名声を求めて行われないこと。

b.負担と侮辱を避けること。クルアーン{信仰する者よ、あなたがたは人びとに見せびらかすため、持物を施す者のように、負担侮辱を感じさせて、自分の施しを無益にしてはならない。} [雌牛章264節]

2-礼儀における好ましいこと

1-ムスリムにとって生活費が義務付けられていない叔父や伯父たちや貧しい夫を持つ妻のような近親者の中でそれを必要としている者にサダカをすることは好ましいことです。それは他人に与えるサダカより良いものです。クルアーン{近い縁者の孤児} [町章15節]

ハディース(困窮者へのサダカは、一つのサダカの報酬がありますが、近親者へのサダカは2倍になります。その人へのサダカと近親者の関係を強めたことへの報酬です。)
(ナサーイーの伝承)

b.資産の中からハラールで上品質で自分の好みの物を選択する。クルアーン{あなたがたは愛するものを(施しに)使わない限り、信仰を全うし得ないであろう。} [イムラーン家章92節]

c.それを密かに出す。それはより献身に近く、見栄や名声からより遠い行いになるからであり、貧しい人により敬意を示すことになるからです。クルアーン{あなたがたは施しを、あらわにしても結構だが、人目を避けて貧者に与えれば更によい。} [雌牛章271節]もしサダカを大っぴらに出すことで当事者に施しを真似させたり奨励することに益があるなら、大っぴらに出すことはその意図に気を付けそれを守ることで好ましいことになります。

d.サダカは、どんなに僅かなものであっても困難にならないものであること。預言者はおっしゃいました。(地獄の業火から身を守りなさい。例えタムルの半分によってでも。)
(ブハーリーの伝承)

任意のサダカの効用

第1:個人に還元する効用

1-魂を清める。クルアーン{かれらの財産から施しを受け取らせるのは、あなたが、かれらをそれで清めて罪滅しをさせるため}
[悔悟章103節]

2-我らの指導者ムハンマド様を見習う。それは、彼の性格のうち、寛大さと気前の良さがあります。彼は、かつて貧困を恐れることなしに与えていました。そしていつもビラールに次のように言っていました。«(ビラールよ、施しなさい。玉座の持ち主からの減少)(減少:貧困)(を恐れるな。)»(アル・バザールの伝承)

3-至高なるアッラーは、人が施したものを返され、その時その所有者の魂は高く上げられる。そのことについて至高なるアッラーはおっしゃいました。{言ってやるがいい。本当にわたしの主は、そのしもべの中から御心に適う者に、御恵みを豊かに与えまた或る者には乏しく授けられる。かれはあなたがたが(主の道のために)施すものはすべて返される。かれは最も優れた御恵を与える方であられる。}
[サバア章39節]

4-取引の喧騒から得たお金を清める。それについてカィス・ブン・アブーガラザは、語っています。私たちはアッラーの使徒様の時代、サマースィラ(仲買人)(サマースィラ:商人を意図する)と名付けられていました。するとアッラーの使徒様が、私たちのそばを通られた時こうおっしゃって、それよりも良い名を私たちに付けて下さいました。(商人の人たちよ、売買は無駄話と誓約が付随するものです。ですからサダカそれをでそれを混ぜなさい。)(混ぜなさい:彼らの間に起きる嘘などのに対する償いにしなさい。) (アブー・ダーウードの伝承)

5-善行の習得と罪の償い。預言者様の次の言葉によります。(良い収穫物の中の一個のタムルに相当するもので-アッラーは良いもの以外は受け入れませんが-サダカをする者は、アッラーはそれを右手で受け入れます。それからそれをその所有者ために丁度あなたたちの一人が仔馬を育てるように、山のようになるまで育てます) (合意の伝承)

6-サダカ・ジャーリヤ(ワクフ・寄進となるサダカ)は死後にもムスリムの役に立つ。アブーフラィラは、アッラーの使徒様が次のように語ったと伝えました。«(人は亡くなった時、かれの行いは次の3つのことを除いて途切れてしまいます。それは、サダカ・ジャーリヤ、あるいは役立っている知識、または彼のために祈る敬虔な子供です。)»(ムスリムの伝承)

7-サダカは富の増加と繁栄の原因になります。その時、それは恩恵の贈与者への感謝を示すものであり、増加が約束されていることへの感謝するものとなります。クルアーン{その時主は(ムーサーの口を通じて)宣告された。もしあなたがたが感謝するなら、われは必ずあなたがたに(対する恩恵を)増すであろう。だがもし恩恵を忘れるならば、わが懲罰は本当に厳しいものである。} (イブラーヒーム章7節)

第2:社会に還元される効用

1-サダカは社会に関してザカート(義務の喜捨)の使命を完成させるものです。

2-それは、ムスリム社会において連帯と協力と安定と愛情を実現させるものです。