Home /タハーラ(清め) / グスル(沐浴)

グスル(沐浴)


グスルの定義:

グスルの言葉の意味:

その物全体に水を行き渡らせること。

グスルの法規的意味:

アッラーを崇拝する意図を持って特定の方法で全身に水を行き渡らせること。

グスルを義務付けるもの

1‐マニー(精液)の放出

マニー:性欲によって噴出する粘り気のある白い液体で、その後には気怠さが起きます。それは、卵の腐敗したような臭いを持っています。至高なアッラーはおっしゃいました。{もしあなた方がジュヌブ(精液を放出した状態)であるなら、清めなさい。} [食卓章6節] そして預言者は述べました。水(精液)を漏らしたた(ファダハル・マー)時は、グスルをしなさい。(アブー・ダーウードの伝承).

ファダハル・マー:水を放出すること。水とは精液のこと。

質問

1‐もし性的夢を見たとしても精液が出なければ、グスルを行う必要はありません。もし目覚めた後で、それが出た時にはグスルをしなければなりません。

2-目を覚まして、夢を見たかどうか覚えていないが、身体や服や寝床に精液が付着していた場合はグスルが義務になります。預言者は述べました。«水は水からのものに必要です。(ムスリムの伝承) つまり、水(精液)の放出は故意であろうとなかろうと水(グスルの水)を必要とするということです。

3-例え精液が自身の陰茎の中に感じても、放出されない場合はグスルの必要はありません。

4-性欲ではなくある種の病気から放出された場合、グスルの必要はありません

5-ジュヌブになって、グスルを行った後で精液が出てきた場合は、再びグスルを行う必要はありません。何故ならそれは、性欲によって出たものではないからです。それに対する用心としてとして最も良いのはウドゥーを行うことです。

6-睡眠から目覚め、何が原因か覚えていないが服が濡れていたら次の3つの状態が考えられます。:

a-それが精液だと確信する。そうすると夢を見たかどうか定かではなくても、グスルは義務です。

b-それが精液ではないと確信する。この場合グスルの必要はありません。したがってその規定は小便の規定です。

c-それが精液かどうか疑わしい状態。その時は、それが何かを追求しなければなりません。もしそれが精液であることを思い出したとすれば、それは精液であり、もしマズィー(精液の前に出る液体)であることを思い出したら、それはマズィーになります。何も思い出さなければ、用心としてとしてグスルが義務となります。

7-精液を見て、いつ夢精をしたか思い出せない時は、グスルと最後に睡眠を取った時間からの礼拝をやり直さなければなりません。

2.性交

これは男性器と女性器が出会うことです。そして男性の陰茎の先が女性の膣に挿入されることです。例え精液が放出されなくてもそれは性交です。預言者は言いました。割礼を受けた者が割礼を受けた者に入る時、沐浴は義務です。
(ティルミズィーの伝承).

3.不信仰者がムスリムになった時

何故なら預言者がカイス・ブン・アーシムがムスリムになった時にグスルを命じたからです。
(アブー・ダーウードの伝承).

4.月経の終了と出産後の出血が停止した時。

アーイシャの伝えるところによると「預言者はファーティマ・ビント・アブーフバイスに言いました。月経が始まったら、礼拝から離れなさい。そして、終わったらグスルをしてから礼拝を始めなさい。 (合意の伝承). 出産後の出血も月経と同様であるとイスラーム法学者は同意しています。

5.死

これは娘のザイナブの埋葬のためのグスルについて預言者が述べた言葉によります。彼女を3回、5回、必要であればもっと洗って下さい。
(合意の伝承)

グスルの形式

グスルにおける義務は、グスルのニーヤ(意図)によって全身にを水を行き渡らせることです。これはどのような形式でも可能ですが、預言者のグスルの形式を見習うことが推奨されます。それは信者の母マイムーナは預言者の沐浴について述べました。«アッラーのみ使い様は、ジュヌブから身を清めるための水を地面に置き、右手で左手の上に水を2回あるいは3回注ぎました。それから陰部を洗い、それから手を地面あるいは壁に2回か3回打ち付けました。それからマドマダとイスティンシャークを行い、顔と腕を洗いました。その後水を頭にかけて、残った全身を洗うと、その場からわきに動いてから両足を洗いました。「そして私は彼に布を差し出しましたが、彼はそれを断りました。彼は身体の残った水を両手で拭いました。(ブハーリーの伝承).

したがってそのやり方は次の通りです。:

1‐両掌を2回あるいは3回洗う。

2-陰部を洗う。

3-手を地面か壁に2回あるいは3回打ち付ける。

4-足を除いて礼拝のためのウドゥーを行う。

5-頭に水をかける。

6-身体の残りの部分を洗う。

7-その場から少し移動して足を洗う。

1

2

3

4

5

効果

もし女性が編み髪ならば、ジュヌブあるいは月経のグスルの為に編み髪を解く必要はありません。髪の根元に水が浸透することを確かめて水をかけることで充分です。

月経または出産後のグスルの時は、血痕が無くなればムスクなどの香水を付けたティッシュもしくは綿で血の跡をなぞることが奨励されます。

ジュヌブのためのグスルを行った時は、ウドゥーのニーヤ(意思決定)の有無にかかわらずこのグスルによる礼拝は有効になります。

ジュヌブの状態の者に禁じられる行為

1‐礼拝:

{信仰する者よ,あなたがたが酔った時は,自分の言うことが理解出来るようになるまで,礼拝に近付いてはならない。またジュヌブの時も,旅路にある者を除き,全身を沫浴した後でなければならない}[婦人章43節]

礼拝

2-カーバ聖殿でのタワーフ(周回):

預言者は言いました カーバ聖殿でのタワーフは礼拝と同じです。[ナサーイーの伝承].

タワーフ

3-クルアーンに触れる:

至高のアッラーは仰せられました。{清められた者の外,触れることが出来ない。} [出来事章79節]

預言者は述べました。清めれらた者の外、クルアーンを触ってはいけません。
(マーリクのムワッタからの伝承).

クルアーンに触れる

4-クルアーン朗誦:

アリーが伝えました。«アッラーのみ使い様は、トイレを出た後、私達にクルアーンを朗誦してくださいました。また私達と一緒にらくだの肉を食べた時もジュヌブの状態にいる以外は、何もクルアーンを詠む妨げにはなりませんでした。» (ティルミズィーの伝承).

クルアーン朗誦

5-旅行者以外モスクに留まること:

至高のアッラーは仰せられました。 {信仰する者よ,あなたがたが酔った時は,自分の言うことが理解出来るようになるまで,礼拝に近付いてはならない。またジュヌブの時も,旅路にある者を除き,グスルした後でなければならない。}
[婦人章:43節]

モスクでの滞在

好ましいグスル

1-ジュムアの為のグスル:

預言者はこう言いました。 金曜日にジュムアのためにウドゥーを行った者は、そのケースでは完璧ですが、グスルは、より良いことです。
(アブー・ダーウードの伝承).

2-ウムラもしくはハッジでイフラームになる前のグスル:

ザイド・ブン・サービドは伝えました。私は、預言者がは通常の衣服を脱ぎ、(ハッジの為に)グスルをするのを見ました。 (ティルミズィーの伝承).

3-遺体を洗った後のグスル:

預言者は述べました。«遺体を洗った者には、グスルをさせなさい。(イブン・マージャの伝承)

4-性交毎にグスルをすること:

アブー・ラーフィウは述べました。預言者様は、ある日、妻達を訪れてそれぞれの所で(性行為を行い)、その都度グスルをしました。そこで私は彼に尋ねました。「アッラーのみ使い様。何故最後に一度のグスルにしないのですか?」すると彼は答えました。「この方がより清浄であり、より良く、より清潔だからです。
(アブー・ダーウードの伝承)

すべきではない事

1-礼拝の時間が終わるまでジュヌブのグスルを遅らせること。

2-月経が止まったのに、義務の礼拝をしないこと。

例えズフルの礼拝時間が終了する1ラクア前に月経が終了したとしても、彼女はグスルをしてズフルの礼拝をしなければなりません。預言者は述べました。日が昇る前にファジュルの礼拝の1ラクアでも間に合った者はファジュルの礼拝に間に合ったことになります。また日没の前にアスルの礼拝の1ラクアでも間に合った者はアスルの礼拝に間に合ったことになります。
(合意の伝承).