Home /ハッジ / ウドヒヤ

ウドヒヤ


ウドヒヤの定義

ウドヒヤ

それは、犠牲の日においてアッラーに近づくために家畜を屠畜することです。

ウドヒヤの規定ê

Ew sunneteke mûekked e.

スンナ・ムアッカダ(強調されるスンナ):根拠:クルアーン (さあ、あなたの主に礼拝し、犠牲を捧げなさい。(潤沢章2節)ハディース預言者は、2頭のアムラフ)(アムラフ:白と黒の毛があって白の方が多い羊)(とアクラ)(アクラン:カルヌ(角)を持つ羊)(な子羊を犠牲に捧げました。自らの手で屠畜しました。その時、バスマラとタクビールを唱え、足をスィファーフ)(スィファーフ:サフハの複数形。首の側面。)(の上に置きました。)(テルミズィーの伝承)

ウドヒヤを屠畜する時間

屠畜の時間は、イードの礼拝後から始まり、タシュリークの最後の日の日没までです。タシュリークの日とは、巡礼月の11,12,13日です。

ウドヒヤの値

1.羊の一頭は、一人分に相当します。またその報酬として望む者を一緒にそこに加えることができます。何故なら預言者がウドヒヤを屠畜する時、次のようにおっしゃったからです。(ビスミッラー。アッラーホンマ、タカッバル・ミン・ムハンマディン・ワ・アーリ・ムハンマディン・ワ・ミン・ウンマティ・ムハンマド意味:アッラーの御名によって。アッラーよ、ムハンマドから、またムハンマドの家族から、またムハンマドのウンマ(共同体)からのものを受け入れて下さい。)(合意の伝承)

2.駱駝と牛1頭は、7人分に相当します。それで駱駝または牛1頭には7人がそれに加わることができます。それはジャービルの次の言葉によります。(アッラーのみ使い様は、私たちに駱駝と牛の犠牲について1頭のバダナ)(バダナ:雄と雌の駱駝)(につきそれぞれ7人が共有するように命じられました)
(ムスリムの伝承)

ウドヒヤの犠牲の歳

ジャズウ(羊):6ヶ月を経たもの。

サニーウ(ヤギ):1年を経たもの。

サニーウ(牛):2年を経たもの。

サニーウ(駱駝):5年を経たもの。

犠牲で最も良いもの

もし全部の肉が提供されるなら最も良いものは、ラクダです。何故ならそれは値段が一番高く、貧しい人たちにとって最も有益だからです。その次は、もし全部の肉が提供されるなら牛になります。それから羊で、それから駱駝の7分の1で、その次は、牛の7分の1になります。

ウドヒヤの欠陥

1.受け入れられない欠陥

-アウラーウ:

それは片目を失ったもので、それには全盲も含まれます。

- アルジャーウ:

それは、歩けないものです。

- アジュファーウ:

それは、痩せ細ってモッホ(髄、活力)がないものです

- マリーダ:明白な病気

その根拠は、バッラーウ・ブン・アーズィブの伝承によります。(アッラーのみ使いは、おっしゃいました。犠牲で許されない)(ウドヒヤが認められないもの。)(のは、片目が潰れているのが明白なアウラーウであり、不具が明白なアルジャーウであり、病気が明白なマリーダであり、痩せて脂肪のない)(それにはモッホ(髄)がないこと。)(アジュファーウです)
(ムスリムの伝承)

2.受け入れられる欠陥

バトラーウ:

尻尾がないもの。

ジャンマーウ:

生まれつき角がないもの

ハスィーユ:

去勢された羊

その他の欠陥:

耳が割けたり穴が空いているものや角が欠けてているもの。

ウドヒヤで述べられた受け入れるられるものと受け入れられないものは、そのままハドユでもフィドヤでも同様です。

痩せた羊

角が欠けた羊

片目の羊

角なしの羊

障害のある羊

尻尾なしの羊

ウドヒヤの分配ê

所有者が3分の1を食べ、3分の1をハドユにし、3分の1をサダカ(寄付)にすることが定められていますが、もし全てをサダカにしてもまたほとんどを自分で食べたとして許されます。

追加

犠牲を捧げる者は、12月10日(犠牲祭の日)になったら屠畜するまで犠牲からは毛や爪や皮のいくらかでもとることは許されません。これはウンム・サラマの伝える預言者の次の言葉によります。(10日になって犠牲を捧げたたい者は、その毛やその皮に何も触れてはなりません。)(ムスリムの伝承)一方、家族や子供のような犠牲を代わって捧げられる者は、それをいくらか取ることは禁じられません。