Home / イアティカーフ

イアティカーフ


言語的な意味は:

何かの持続性とそれに自身を閉じ込めること

イアティカーフのシャーリアによる意味は:

全能のアッラーを崇拝する目的の為にマスジッド(モスク)に隠遁すること

イアティカーフの許可制

イアティカーフは最も高貴な行いの1つで従順の素晴らしい形です。アーイシャ(彼女にアッラーが悦んでくれますように)は言いました; 預言者は亡くなるまでラマダーンの最後の10日間に(モスクに)籠っていたものでした (ブハーリ)

イアティカフは私達以前の者達に加えられたように私達にも下されまさした: {またイブラーヒームとイスマーイールに命じた。「あなたがたはこれをタワーフ(回巡)し,イアテカ―フ(御籠り)し,またルクーウ(立礼)し,サジダする者たちのために,わが家を清めなさい} [雌牛章:127節]

イアティカーフの規定

イアティカーフは推奨されていますが義務行為ではなく、いつでも行うことができます。しかし、イアティカーフの最高の形はラマダーンの最後の10日間の間に行われます。これは何故なら、預言者が熱心にラマダーンの最後の10日間の間にそれを行ったからです. (ザードゥル・マアード)

イアティカーフを行う条件

1.ニーヤ(意図)

イアティカーフを行う者はアッラーに近付く為にモスクの中に滞在するという意図を持たなければなりません。これは預言者のお言葉によるものです: «本当に全ての行いは意図によって判断されるでしょう (合意)

2.イアティカーフを行っているモスクがジャマア(合同)礼拝を行う場所であること

それはモスク以外の場所で行われることは許可されません: {マスジドに御籠りしている間,かの女らに交わってはならない} 雌牛章:187節]

これは何故ならサラートを行うことが義務とされる、もしくはジャマアサラートの時間の度に繰り替えしイアティカーフを去るように強勢される時、どのジャマアサラートもそのサラートの破棄を必要としない、モスクでのイアティカーフだからです。

これは女性に有効ですが、しかしジャマアサラートが行われているかいないか不確かのモスクでイアティカーフを行うことは、それは女性のイアティカーフがフィトナ(反乱)にはならないことが条件です。

もしフィトナがイアティカーフを行うことからの結果であれば、そうすることは禁じられます。もしイアティカーフを行うモスクでジュムア(金曜)サラートが行われるのであればそれがより良いです。しかしそれはイアティカーフを行う条件ではありません

中央モスク

3.主要な儀式的不浄から自由であること

したがってジャナバ(儀式的不純)から清浄していない男、

もしくは出産後の出血もしくは月経の出血のどちらかである女性はイアティカーフを行うことが許可されていません。これは何故ならこれらの2つの項目の人々は不純である為にいつでもモスクに滞在することが許されないからで

サウムはイアティカーフの条件ではありません。

サウムはイアティカーフの初期条件とみなされます。何故ならアブドゥッラ・イブン・ウマルは彼の父、ウマルが預言者にこう言ったと伝えているからです。:「私は聖なるマスジッドゥル・ハラームに籠る事をジャーヒリーヤ(イスラムの前の無知の日々)の間にアッラーに宣言しました。」そして預言者は述べました: 私は聖なるマスジッドゥル・ハラームに籠る事をジャーヒリーヤ(イスラムの前の無知の日々)の間にアッラーに宣言しました。» (ブハーリ) そして預言者は述べました。 約束を守りなさいê» (ムスリム) もしサウムがイアティカーフの初期条件なら、ウマルによる夜間のお籠りは有効ではありません。その上サウムが禁じられているシャウワルの最初の10日間に預言者がイアティカーフを行うことは創設されていました。更に、両方(サウムとイアティカーフ)は2つの別々の独立した崇拝の形です。したがって1つはもう片方の初期条件ではありません。

イアティカーフの期間

イアティカーフをどの日そしていつでもある期間の為もしくは間に行うことは許可されますが、イアティカーフは完全な昼間もしくは夜よりも短い間に行われるべきではないことが一番好まれています。これはその期間より短い間に預言者、彼の同胞がイアティカーフを行ったという事は預言者も預言者の同胞の誰からも記録されていないからです。.

ラマダンの最後の10日間のイアティカーフ

これがイアティカーフを行う最良の期間です。これはアーイシャのハディースで伝えられています; 預言者は全能のアッラーが彼の魂を引き抜くまでラマダーンの最後の10日間を崇拝の為にお籠りしていたものでしたê» (ブハーリの伝承).

イアティカーフを行う意図のある者は誰でも、その月の21日目のサラートウス‐スブーフをイアティカーフを行うモスクで行い、次にお籠りに入るでしょう。アーイシャ(彼女にアッラーが悦んでくれますように。)は伝えました; 預言者は毎年ラマダーン月に、イアティカーフを行っていたものでした。:預言者はサラートウス‐スブ―フを行った時、イアティカーフの場所に入りました»
(ブハーリの伝承) .

イアティカーフはラマ―ダンの最後の日の日没で終了します。しかしイードの早朝までモスクを去る事を延期する事が勧められます。何故なら、それは初期のムスリム同胞がそう行っていたと記録されているからです

Hイアティカーフに潜む叡智

イアティカーフの目的は全ての現世の事柄から自由になり、全能のアッラーの崇拝のみに務めて集中することです。したがってイアティカーフを行う者はこの理由から全ての現世の事項から精神を自由にすることが命じられます。

イアティカーフの間の許可される行為

1.もし誰かがその者に食品を持ってくるなら、飲食などの必要性の為、モスクを去ること。またトイレに行く為に去る事も許可されます。アーイシャの伝承によると、次のように伝えています; 預言者はイアティカーフを行っている間に、私に頭を近付けていたものでした。彼は人間の必要性の為以外には家には入りませんでしたが、私は彼の紙を梳く手伝いをすることが出来ました»
(ムスリム)

2.上記のハディースに示されたように、髪をとくこと

3.人々との利益のある議論に参加することと彼らのことについて尋ねること、しかしそれをし過ぎるのは良くありません。何故ならそれはイアティカーフの目的を否定するからです

4.彼を訪れる家族のメンバーや親戚を招いたり見送ること。サフィーヤ・ビントゥ・フイェイ、預言者の妻は言いました; «私は一度夜間に幾つかの事を議論する為に、預言者がイアティカーフを行っている間に、預言者を訪ねたました。その時、私が去ろうと立ち上がると、預言者は立って私のお供をしてくれました。(見送った»
(合意)

イアティカーフを無効にすること

1.その時が長いか短いかは関係なく、正当な理由なしに、意図的にモスクを去ること。 これはアーイシャ(彼女にアッラーが悦んでくれますように)は伝えています; そして預言者は人間的な必要性以外にはその部屋に入りませんでした
(ムスリム) またイアティカーフの柱である、モスクを去ることは彼がモスクに滞在することに存続させません

2.夜間に行われた時でさえ、性行為

全能のアッラーは申されました: {マスジドに御籠りしている間,かの女らに交わってはならない} [雌牛:187節]

このカテゴリーに含まれるのは、自慰もしくは性行為なしに妻を抱くような貪欲な射精に繋がる全てです.

3.ムスリムはある特定の期間の間イアティカーフを行う意図を持ち、後程それを中断し、それを彼に払い戻すことは許可されます。アーイシャ(アッラーが彼女に悦んでくれますように)は伝えました; «もし預言者がイアティカーフを行う意図があったとしたら、彼はサラートゥス―スブーの後に彼の隠居の場所(モスクのテント)に入りました。ある日、ラマダーンの最後の10日間の為のイアティカーフを意図し、それは行われたのでテントが建てられるべきだと命じました。その後、ザイナブ(アッラーが彼女に悦ばれますように)(預言者の妻)は彼女のテントが建てられるように命じ、そのほかの預言者の妻達の数人も彼らのテントが建てられるように命じました。その後サラートゥスースブーの完了後、預言者はモスク内にある幾つかのテントを見ました。そして彼は質問しました。:「あなたがたは皆正義を意図しますか?」その後彼は彼のテントを閉じて、シャウワルの最初の10日間にそれを支払うまで(その年の)ラマダーン月のイアティカーフを延期しましたê» (合意)

他の伝承では、彼はシャウワルの最後の10日間に支払うまでと伝えられています。ê»

4.病人を見舞うことと葬儀に参加すること

ムゥタキフ(イアティカーフをしている者)は祈りに専念している時は、病人の見舞いも葬儀への参加も行わない。