ザカート・フィトル

 ザカート・フィトル
38

ザカート・フィトルの定義

ザカート・フィトル:

それは、アッラーの使徒様がラマダーン月のフィトル(明け)にそれを義務としたサダカ(喜捨)。

ザカート・フィトルと名付けられた理由は、ラマダーン月のフィトルに義務付けられるから。

ザカート・フィトルの規定

ザカート・フィトルは、イードルフィトル(断食明けの祭り)の日とその夜(前の日の夜)の時点で自分と家族の分の食料より1サーア以上所有している全てのムスリムに課された義務です。ザカート・フィトルを出す者は、自分の分と妻の分と彼が養育している者の分のザカート・フィトルを出さなければなりません。また母のお腹の中にいる胎児の分についても出すことは好ましい事とされます。

それが義務となる根拠は、イブヌ・ウマルの伝える次の言葉によります。(アッラーの使徒様は、1サーアのタムル(乾燥ナツメヤシ)あるいは大麦をムスリムの奴隷と自由人、男と女、子供と大人、ザカート・フィトルとして義務付けられました。そしてそれを人々が礼拝に出る前までに出すことをお命じになりました。) (合意のハディース)

04_08_001-Gandum.jpg

大麦

ザカート・フィトルを出す時間

ザカート・フィトルを出す最良の時は、イードルフィトルの日のファジュルの時間からイードの礼拝の前までです。またイードの日より1,2日前に出すことはサハーバ(教友たち)の行いによって認められています。しかしイードの礼拝後まで遅らされることは認められません。それは、前述のイブヌ・ウマルのハディースによります。(そしてそれを人々が礼拝に出る前までに出すことをお命じになりました。) またイブヌ・アッバースのハディースでは、(それを礼拝の前に行えば、それは受け入れらるザカートです。しかし礼拝後に行うと、それは一般的なサダカ(寄付)となります。) (アブー・ダーウードの伝承)

ザカート・フィトルの量

それは、それぞれ1人ごとに1サーア(サーアは、小麦で1キロ40グラムに相当します。)の米やタムルや小麦などの人の食べ物です。その根拠は、アブー・サイード・アルフドリーによる次のハディースによります。(私たちは、アッラーの使徒様の時代、フィトルの日、1サーアの食物を出していました。»またアブー・サイードは、私たちの食物は、小麦や干しブドウやアキト(アキト:料理で使用される粉ミルク。)やタムルでした。) (ブハーリーの伝承)と言いました

ハナフィー学派では、1サーアは、3.25キログラムで、大多数派は、2.04キログラムです。また同様に平均的男性の手のひらですくう4回分でも計算されます。

Untitled-3.jpg

ザカート・フィトルの支払い先

ザカート・フィトルは、ザカートが支払われる8グループに支払われます。それは次のクルアーンの記述によるものです。{施し〔サダカ〕は、貧者、困窮者・・} [悔悟章60節]

ザカート・フィトルの叡智

1-斎戒者を無駄話や猥褻さから清める。それはイブヌ・アッバースの次の伝承によります。
(アッラーの使徒様は、ザカート・フィトルを斎戒者を無駄話やラファス猥褻さ
(ラファス:下劣な言葉)から清めるために義務付けられました。) (アブー・ダーウードの伝承)

その理由は、殆どの斎戒者は無駄な行為や話から免れないからであり、このサダカは行為の報酬を損ない、斎戒を破るような禁じられるか好ましくない言葉を使った斎戒者を清めことになります。

2-貧者や困窮者に対する寛容さを培うことと喜びと幸福を感じるイードの日に恥辱と屈辱をもつ物乞する人たちが他の人たちと同じイードの喜びに参加させるために彼らの物乞いを埋め合わせること。

ザカートについての重要な情報

ザカートの価値:

ザカートの基本は、義務となったその現物を出すことです。しかし、必要性や優勢な利益がある場合は、その価値を取ることが許されます。

国家とザカートの関係:

ザカートの資産は、基本的に当局に与えられるものです。ザカート支払い人の裁量に任せられていません。しかし、当局がこの義務を怠るなら、責任は全てのムスリムの首に掛けられた個人的なものになります。

ザカート資産を受取人の利益のために投資すること:

ザカート資産を受取人の利益に還元する計画に投資することは、もしザカート資産に直ぐの配布が求められような緊急の支払いがなければ、認められます。

資産にザカート以外に税金のような義務がありますか?

ザカートは、資産において見積もられる定期的な義務です。それは支払い能力のある者に課せられた個人的義務です。

また資産にはザカート以外に外の義務があります。それらは突然のものや、決まった計算で量られないものや、確定したザカートとして定まっていないものなどによって特徴付けられます。またそれらは、資産が原因で義務とならず、偶然の理由で義務となります。資産は、それが義務となる条件です。例えば、両親や近親者や配偶者への出費や災難時に国庫の収入が十分でない時に害の防止などです。

税金は、例え公平であってもザカートに役立ちません。何故ならザカートは、信仰行為の一つであり、税金は市民としての義務です。それぞれが他のものには役立ちません。



Tags: